MK5

~妄想で恋した5秒後~

満員電車で出会いたいジャニーズ5選

24時間TVの編集を兼ねながら観てたら下書きが思いのほかセンチメートル(もとい、センチメンタル)でポエミーになってしまって、我ながら笑った。相田みつをかよ的な。
そんな空気(下書き)を一旦をお蔵にしてたら、日々温めてたお題のよーな妄想が出来てしまった。れっつ本題。


毎朝通勤してて思うんです。
なんでこんなむさ苦しい空間に美形(と書いて癒しと読む)がいないんだろう、と。
そんなわたしの日々の欲求をただひたすら晒していくというのが今回の内容になります、安定の内容ない記事ですお察しください←
そしてどーせ長くなることが目に見えてるから5選。文才鍛える方法あれば切実に知りたい。


そんなわけでランキングどーん。

 

 

 

 

 

第5位:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
ゆーとりんがスーツ着て電車に乗ってくるとか事件でしかないんですけど!\アベさん!事件です!!/←
ゆーとりんとは入社式の日に出会いたいし、ゆーとりんと同期になりたい。誰かこのhope叶えて(血眼)お互いね、まだ満員電車に慣れてなくて(設定に従順)もうギュウギュウの中わたしが乗ってる所の近くにゆーとりんが乗ってくるわけですよ。

で、たまたまゆーとりんの鞄から「□□会社㈱入社式会場案内図」なんてプリントが見えて勝手に「同じ会社の人だ!」ってなる。が。ゆーとりん背が高すぎて最初顔が見えないんだよね。まぁ首から下だけでも充分イケメンだから問題ないよね!←
そしたら目の前にある胸ポケットのボールペンが落ちそうだから、それを言ってあげると「あ!ありがとうございます!」って超絶爽やかな笑顔&礼儀正しくこっちを見て言ってくれるゆーとりんにFall in Loveしない選択肢ってある?ないよね??

そして改札出たとき駅の地図の所で再会して、お互い同期ってことを知るんだよね。「え?何で分かるの?」 って問いかけにプリント見えてたこと指摘したら「わ、本当だ/////恥ずかし〜/////」(ゲロカワ)なんて初々しいtalkしてゆーとりんと一緒に通勤できて働けるなら週7どころか週8で働ける。

 


第4位:岩橋玄樹(jr.)(Prince)
え?ここ女性専用車両だっけ??と思わせてくれるくらい(あざと)可愛い岩橋姫。姫に関してはそうです。ただただひたすら可愛いものを拝んでむさ苦しい空間をサンリオピューロランドのようなメルヘンな空間にしてほしいだけ(欲しかない)え?そんな姫と出会っていいんですか?ありがとうございます!とは言うものの姫についてはそんなに詳しいわけではないので、綿菓子よりふわっとしたイメージで妄想させてもらいます(ダカライシナゲナイデ)
いつも扉の傍に座って本を読みながら優雅なTrain Timeを過ごす姫。まじ癒し。ある日姫のそばに乗ったわたしはアホなことに定期を落とします。当然改札近くでパニクってる私に後ろからめっちゃ緊張した面持ちで声を掛けてくれるんですよ!あの姫が!(吐血)
「あの…これ、ですか……?」って!人見知り全開にしてさ!!何これ可愛すぎる!!!!!!!(息切れ)カワイイは作れる!とか嘘だろ櫻井ぱいせん、だってこんな可愛さ一級建築士でも不可能ですもの。

f:id:purrrrrrrple:20160902225622j:plain


(このCMうそでしょ)(どうやって作るの姫レベルの可愛さなんて)

と、心の中の荒ぶりを死ぬ気で抑えて「ありがとうございます!…って読書してらしたのにわざわざすみません!」ってお礼すると「え、あ……大丈夫、です…/////」とか照れてくれたら本当にプライスレス。(むしろお金で買えるなら買うよ?いくら?←)翌日から少しずつ、少ーーーしずつだけど会釈したり挨拶するような間柄になりたい。もれなくわたしの幸せメーターがフルスロットル。

 


第3位:亀梨和也(KAT-TUN)
って朝からこんなウルトラミラクルビューティホーフェイス拝めたらその時点で出勤先があの世になること200000%なんだけどもさ←
スーツでびしっ!と決めてる超絶美形の亀梨さんはいつも同じ所、基本開かない側の扉の角にいるんですよね。どうしよう!これだけでカッコイイ!!!!!画になる!!!!!!!(話が進まない)
角だから急カーブとか揺れても大丈夫なんだよね、むしろよろけた人支えて「大丈夫ですか?(爽)」とか言ってそう。そしてそのまま月9が始まってもなんら不思議はない←(毎週見るよそんなもん!)
私はというと場所取りが下手くそで吊革すら掴めない場所に常にいるんですよ、そして毎度ふらつく。ある日たまたま遅延とかおきてて亀梨さんがいつもの場所じゃなくて私の近くに乗ってらっしゃるにも関わらず同じ所でふらつく自分(殴りたくなる←)でもそれを「大丈夫ですか?」なんて支えてくれる亀梨さま(尊い)もちろんすみません!って謝りますよ、なんならここが満員でなければ土下座したいくらいに!でもそこは紳士(見た目も中身も)(まじマーベラス)な亀梨さんに「いつも危ないなって思ってましたので(爽笑)」なんて言われたら即電車降りて形成外科駆け込んで全身改造したくなりそう。

 


第2位:相葉雅紀(嵐)
等身大アイドル、相葉雅紀ここにあり(真顔)
相葉ちゃんの全力姿がとにかく大好物なわたしとしては、是非ともドア側に立ってるわたしの方へ向かって全力で走って乗車してきてほしい(でもそんなギリギリじゃないやつ)てか余裕で全然間に合うのにめっちゃ焦ってて乗り込めた瞬間安堵する相葉ちゃんが見たいんや(癖満開)

多分家から全力で走ってきたのか、ちょっと汗ばんじゃってるよね、ネクタイとかもちょっと歪んでるよね、でもそれ腕時計が壊れてて時間勘違いしちゃってるパターンなんだよね、はい愛しさ5億ポイント追加。「はぁ〜間に合った〜」とかいうボリューム大きめの独り言(萌)を聞いて笑った瞬間に目が合うというこぼしたオレンジジュースよりもベッタベタな展開を熱望します。その日はそれだけでサヨナラするんですが翌日同じ所にわたしより早く乗りこんでて「今日は僕の方が早いですね(どや)」とか言ってくるんですよ。もちろん揺れに便乗して軽く足踏んじゃうくらいはします(でもきっとリアクションは自分が被害者なのに痛がりながら「大丈夫ですか!?」とかテンパって聞いてくる。好き)


第1位:生田斗真
整ったFace、スーツ爆似合いBODY、100億ドルの笑顔を持つ生田さん家のとーまちゃんが電車に乗り込んでくるとかまぁその時点で尊すぎて泣けるよね。車内の空気がすっごい勢いで浄化されそう。プラズマクラスターよりデキる男、生田斗真欲しい(本気)なんて言いながら特にめちゃくちゃとーまちゃんに詳しいわけではないので、おとぎの国のお花畑レベルにふわっとしてます。先に宣言するスタイル←
とーまちゃんは満員電車内ではそこまで接点はありません。まぁ存在はゴリゴリ存じ上げてますけどね!だって美形だもの!!!!!!!←
接点はないものの、ただめっちゃ奇抜と言うかお互い面白いスマフォカバーをしてるんですよね。なのでお互い内心(やべぇ…あれいい……!)とか思ってるんです。素敵。そして帰りの電車でたまたま一緒になって「あれ…?」と思い顔を見たらとーまちゃんの!あの!美しさ∞Faceがそこに!あったらとりあえず5リットルくらい吐血(するのを我慢)して、あっと私が言うととーまちゃんも覚えてて「あっ!あのハンバーグのカバーの!」ってそこそこ大きな声で言われる。なにこれ羞恥ぷれい?(でも好き)
で、それきっかけで話してると実は最近引っ越してきたばかりで最寄り駅が同じと知ったら、そこからはもうお察しの通りあの誰の懐にもスッ……と入っていくとーまちゃんのリアル perfect humanっぷりに心身共に捧げることをここに誓います。

 

 


同率1位:小山慶一郎(NEWS)
単独1位だけなんてルールないよね???(開き直り)
その日は超絶満員で(もうin)いつも掴んでる手すりのところに行けず、吊革はあるものの高くて届かないんですよ(という設定)(実際は余裕な自分辛い)
そこで見かねたスーツ×長身の雰囲気イケメン、小山慶一郎が万を持して登場。「あっ、こっちどうぞ!」って手すり側にいた自分の場所とチェンジして自分はしれっと高い吊革持っちゃうんです。なんか悔しい(違)もちろんお礼は言いますが一旦そこで終わります。そして同じ駅で降りて前を歩いてる小山がお守りを落とすんです。当然音速光速で拾います。渡そうにも小山は遥か前の方に行ってしまったので、とりあえず預かって仕事に向かいます。昼休憩辺りかな、1人でランチしよーとうろついてたら公園のベンチで偶然再会します(何これ別マ?←)
「わ〜!ありがとうございます!これこの前シg…あ、友人と行ったパワースポットで買ったばかりなんですよ〜」って彼には個人情報保護法ってものがないのかな?と思わせるレベルでまぁ話す話す。女子かよ、って女子力高めだったわこの人(白目)そしてそこから小田和正もびっくりするレベルでラブストーリーは突然に始まっていくのは言わなくても大丈夫ですかね?ありがとう、小田和正

 

 

 

 

 


待って今気付いたけど、後半もはや満員電車関係なくなってきてる。笑う。

さて、そろそろサマステの感想も書き始めないと(超時差